産業廃棄物に日本一詳しいSEを目指しています。


産業廃棄物に係わるシステムの設計を行うために、処理会社様の施設見学から始まり、工程把握のためヘルメットをかぶり手選別作業などもさせて頂きました。また、システムで発行する帳票についてもコンプライアンスの観点から、管轄行政の環境担当に内容の確認を得るなど、それらの経験が今となっては財産になっています。
また、ご縁があって、下記のようなコンサルティング業務も受託させて頂きました。

コンサルティング業務履歴(抜粋)

・ 中小企業経営革新支援法の手続き
中間処理施設の設備投資の資金調達として行う。この手続きにより格安の金利で公的金融機関から資金調達を行う。また、補助金の申請も行った。

・ 焼却施設のダイオキシン類対策特別措置法の対応申請手続き
プラント業者と打ち合わせを行い、ダイオキシン対策対応の申請手続き(軽微変更)を行う。

・ 管理型最終処分場の申請手続き
建設業者、設計業者との合同プロジェクトで申請手続き(新規設置及び営業許可)を行う。
事業計画書を作成し資金調達や地元住民への説明会の開催など踏み込んだ業務を行う。

・ 安定型最終処分場の申請手続き
建設業者、設計業者との合同プロジェクトで申請手続き(新規設置許可)を行う。
事業計画書を作成し資金調達も行う。

・ 借入金の集約
複数行に借り入れを行っている状況を一行に集約し期間、金利を交渉し、キャッシュフローの改善を行う。シンジケートローンを採用する。

・ 環境保全協定書の作成及び締結
処理施設(最終処分場等)の地元地域住民との環境保全協定書案から事前交渉を重ね、住民説明会を開催し、環境保全協定書の締結を行う。

〇自社の取り組み

・平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(IT導入補助金)のIT導入支援事業者に採択されました。 
・平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の補助事業者に採択されました。
・弊社の平成29年度経営力向上計画が近畿経済産業局に認定されました。



稀有な経験と結果を出せたことが、現在の自信につながっています。
これからも、産業廃棄物に日本一詳しいSEを目指して、精進致します。